乾しいたけの種類

冬菇(どんこ)
晩冬から早春にかけて寒い時にゆっくりと成長します。
縁(耳)を太く巻き込み、傘の肉は厚く、全体が丸みを帯びています。傘が7分開きにならないうちに採取されます。
歯ごたえがあり、煮てもいためてもおいしく、鍋物や中華いためなどに適しています。
香菇(こうこ)
旨みと香りを兼ね備え、大分の代表的品柄として贈答用に喜ばれています。
バーベキューやしいたけステーキ、シチューなどにぴったりです。
香信(こうしん)
中春から晩春にかけて発生するしいたけです。
傘が7分開きになってから採取されたもので、耳の巻き込みは浅く、傘の肉が薄い、へん平な形をしています。
あっさりとした風味で、スライスやみじん切りにして料理するものによく合います。

大分の乾しいたけ品質表示

乾しいたけは加工食品品質表示基準により、次の項目が明記されています。

名称 乾しいたけ
原材料名 しいたけ(原木)
原料原産地名 大分県
内容量 ○○g
賞味期限 20××年××月××日
保存方法 直射日光を避け、常温で保存してください。
加工者 大分県椎茸農業協同組合