入札情報

入札情報は随時更新中です。

2018年03月29日 更新

★OSKモニター情報★


平成30年3月7日現在のOSKモニター情報をお知らせします。

各支部5名ずつ、計25名中21名の回答結果です。

①現在の発生および採取状況ついて
 a.新榾木について
 1)追芽の状況
・なし・・・1名 ・少し・・・8名 ・平年並み・・・2名 
・徐々に追芽が発生・・・3名 ・多い・・・1名  
・品種により差がある・・・4名
(327・115の芽数が多いが、193は少ない、かん太・193が特に多い、290はかなり出ているが115・193は少し、115は少ないが290・かん太は徐々に発生 など)
・栽培場所により差がある・・・1名(ハウスは80%だが露地は20%)
・その他・・・1名(小径木は多いが大径木があまり良くない)

2)最盛期
・2月下旬・・・1名 ・3月上旬・・・3名 
・3月中旬・・・3名 ・3月下旬の見込み・・・13名
・無回答・・・(不明、発生無し含む)1名

 3)現在の採取量は予定の何%?  
平均:22.7%
・0%・・・3名 ・2%・・・1名 ・3%・・・1名 
・5%・・・4名 ・10%・・・1名 ・15%・・・1名
・20%・・・2名 ・25%・・・1名  ・30%・・・2名  
・50%・・・1名 ・70%・・・1名 ・80%・・・2名 
・無回答・・・1名

4)現在発生の品種(複数回答)
<多い品種>
・ゆう次郎・・・4名 ・115・・・2名 ・290・・・2名 
 ・とよくに・・・2名 ・無回答(無しを含む)・・・5名
・その他(908・セッコー11号・240・かん太・193・こうたろ う・春太・327)

<少ない品種>
・290・・・4名 ・115・・・4名 ・ゆう次郎・・・3名 
・無回答(無しを含む)・・・9名
・その他(908・193)
(115の状況について、新榾の出来が不調で目標の50%程という調査結果の方も。そのため、ハウスでは散水などの対策を行っている。)

b.2才以降の榾木について
1)追芽の状況
 ・なし・・・1名 ・少し・・・4名 
 ・平年並み・・・3名 ・徐々に追芽が発生・・・3名
 ・多い・・・6名(特に小葉系、115が大変多い など)
・品種により差がある・・・3名
  (327・115の芽数が多いが、193は少ない、
   かん太・193が特に多い。290はかなり出ているが
   115・193は少し、115は少ないが290・
   かん太は徐々に発生 など)
 ・無回答・・・1名
2)最盛期
・3月上旬・・・2名 ・3月中旬・・・6名 
・3月下旬の見込み・・・12名   
・無回答(不明、発生無し含む)・・・1名

3)現在の採取量は予定の何%?
   平均:22.2%
 ・0%・・・1名  ・2%・・・2名  ・5%・・・2名 
 ・10%・・・4名 ・15%・・・1名  ・20%・・・2名 
 ・25%・・・1名・30%・・・4名 ・40%・・・1名 
 ・70%・・・1名 ・80%・・・1名 ・無回答・・・1名

4)現在発生の品種(複数回答)
<多い品種>
・ゆう次郎・・・4名 ・290・・・3名 ・115・・・2名
・とよくに・・・2名 ・無回答(無しを含む)・・・3名
・その他(セッコー11号・908・240・193・こうたろ  う・327・春太・121)
(春太の状況について、2月上旬に30時間の散水しビニール被覆した後の2月上旬の寒波のため、刺激過多で大量の芽切りその後小葉の大量収穫となった方も。)
   
<少ない品種>
・ゆう次郎・・・3名 ・290・・・3名 ・327・・・2名 
・無回答(無しを含む)・・・10名・その他(115・春太)

c.現時点での春子採取について
・やや豊作・・・3名(適度に雨が降るため・
          2才木以降の春太が
         良く発生している)
・平年作・・・9名(115の2,3才木は豊作傾向・
         春太の2才木は小さい芽が
         大量発生したが順調に成長)
・やや不作・・・6名(急な降雨と気温上昇で
         ジャミ系の採取が多い)
・不作・・・3名

d.今後の採取見込みは?
・天候次第 8名・・・雨が続くため、雨子になっている。
        今後の天候回復に期待。
         雨の対応が難しい。(高温と合わせて)
         雨がないと良いものが採れるので、
         新榾木が中旬盛りに。
         今後雨が降った場合、芽数は多いが
      バレ葉や小葉、薄葉が増える可能性がある。
        雨と温度次第で良品になる可能性に期待。
       3月上旬の雨で小葉系が大量発生しているが、
         その後の気温上昇で順調に成長中。
・榾木状況 2名・・・290・かん太の新木・
      115の古榾の採取がこれからピークに向かう。
         秋から発生せず、雪の影響で刺激を
         受けているので今後多くなるのでは?
・その他    ・・・昨年同期の30%ぐらいか? 
         3月下旬に多くなるのでは?
      ほぼ採取したので藤子がどれぐらいでるか? 
         最終的に平年作か? 
・無回答・・・5名


②昨年の春子の採取量を100%とした場合、今年現在まで の採取量の昨年比。
  平均:28.8%
  ・10%以下・・・7名 ・15%・・・1名 ・20%・・・4名 
  ・30%・・・3名 ・40%・・・3名 ・60%・・・1名
  ・70%・・・1名 ・100%以上・・・1名
 
③現在の山の作業状況について
 a.玉切り作業の進捗状況 
  平均:81.9%
  ・30%以下・・・1名 ・40%・・・3名 ・50%・・・1名 
  ・70%・・・2名 ・90%・・・2名 ・終了・・・12名
 
 b.駒打ち作業の進捗状況
  平均:41.4%
  ・0%・・・1名 ・予定の30%以下・・・14名 
  ・40%・・・1名 ・70%・・・2名 ・80%・・・1名
  ・90%・・・1名 ・終了・・・1名  

④現在までに採取したものの比率(平均値)
  ・品柄 : 冬菇・・・41.2%  
        香菇・・・28.8% 
        香信・・・30.0%
  ・サイズ: 大葉・・・16.8%   
        中葉・・・39.0%   
        小葉・・・44.2%
   ※無回答(採取無しも含む)・・・3名

入札情報一覧に戻る