☆生産情報☆

2018年11月06日 更新


生産者の皆様、秋子の発生が本格的に始まっています。

榾場の巡回をこまめに行いましょう。乾燥後、選別する際は、

春子と秋子は混ぜないようにしましょう。昨年発生の椎茸は出荷受入できませんので、

絶対に混ぜないようお願いします。

また先頃の入札に出品されている中に、異物混入が見受けられることが多くあります。

大分県ブランドの信用問題にも繋がりますので、食品を扱っているという意識をもって

椎茸を扱うよう心掛けましょう。



原木伐採時期に入りましたので、ヘルメット・防護服の着用を徹底し複数人で作業するようにしましょう。

毎年、怪我や死亡事故が発生していますので、怪我の無いよう気を付けましょう。

一覧に戻る