☆生産情報☆

2019年06月21日 更新

生産者の皆様、伏せ込み管理はしっかり行っていますでしょうか。

今から本格的に梅雨時期に入り高温多湿となっていきます。

下草刈りなどの通風管理を草の繁茂状況を見て行い、害菌発生を防ぎましょう。

天候に大きく影響されますが、菌の伸長を促進させるような伏せ込み場を目指しましょう。

伏せ込み場の見回りと笠木の点検・補修は常に行うようにしてください。

一覧に戻る