スタッフブログ記事詳細

平成30年初入札会を開催しました
2018.01.22日々のこと

今年は"最強寒波"の影響で、年末から寒さの厳しい日が続いています。

そんな中、1年の幕開けとして1月12日(金)に平成30年初入札会を開催しました。

まず、椎茸神社にて今年の豊作と高値相場を祈願する例祭が執り行われました。

初入札1.jpg

初入札2.jpg  初入札3.jpg

椎茸神社例祭後、式典会場に移動した広瀬県知事は、初市の乾椎茸を視察されました。

初入札4.jpg 初入札5.jpg

続いて、式典の様子です。

佐藤筆頭理事の開会宣言に続き、阿部組合長より挨拶を行い、現在の乾椎茸を取り巻く状況や今後の目標などについて述べました。

初入札6.jpg  初入札7.jpg

また、ご来賓の方々よりご祝辞を頂戴しました。

大分県知事 広瀬勝貞 様

初入札8.jpg

大分県議会農林水産委員長 濱田洋 様

初入札9.jpg

日本椎茸販売組合理事長 服部義博 様

初入札10.jpg

式典には、広瀬知事を始め多数の方々にご臨席いただきました。

初入札11.jpg  初入札12.jpg

毎年、大分県知事から天皇、皇后、両陛下をはじめ各宮家に乾椎茸の献上をしていただいています。

初入札13.jpg  初入札14.jpg

生産者代表の竹田地区女性部長の安達さんより、広瀬知事に花香菇が贈呈されました。

初入札15.jpg  初入札16.jpg 

続いて、鏡開きが盛大に行われ、大分乾しいたけの一層の飛躍を願って乾杯をしました。

初入札17.jpg  初入札18.jpg

そして、この1年の相場を占う初競りです。

初入札19.jpg  初入札20.jpg

競りが始まると、商社の皆さんの勢いを後押しするように組合員の方々から「もう一声!」と高値を期待する声が上がり、会場全体は熱気に包まれました。

初入札21.jpg  初入札22.jpg

組合員の皆さんも初競りの椎茸を確認しています

初入札23.jpg

最高値は冬菇で、1kg当たり15,000円で落札されました。

初入札24.jpg

式典の最後は、平成30年の好調なスタートと椎茸関係者にとって良い年となることを祈念して、志賀代表監事の音頭で手締めを行いました。

初入札25.jpg

そして、野田副筆頭理事の閉会宣言をもって初入札会は無事終了しました。

初入札27.jpg

当日は折よく天候にも恵まれ、1年の良いスタートが切れたように思います。

初入札会を終え、冬の澄んだ空気に一層身が引き締まる思いがしました。

初入札28.jpg

最後になりましたが、本年も大分県椎茸農業協同組合をよろしくお願いいたします。