スタッフブログ

全国乾椎茸品評会で優勝しました!

2019年07月19日

皆さん、こんにちは。

今年は例年よりも遅い梅雨入りとなり、まだまだ雨の日が続きそうですね。



さて、6月27日、28日に第67全国乾椎茸品評会の審査会が、7月12日に表彰式が執り行われました。

大分県は21年連続、通算53回目の団体優勝を果たしました!



まずは、静岡県の日本椎茸農業協同組合連合会で行われた審査会の様子をご覧ください。

会場には全国から集まった乾椎茸がずらりと並んでいます。

20190718_1.JPG

審査は、1日目に形状審査が行われ、各部門上位3点に選ばれた乾椎茸が2日目の食味審査に進み、各賞が決定します。

20190718_2.JPG  20190718_3.JPG

20190718_4.JPG  20190718_5.JPG

20190718_6.JPG  20190718_7.JPG



そして、2日目の食味審査です。

食味審査では、料理学校の講師や有名な中華料理のシェフが審査員となっています。

前日から同じ条件で水戻しした乾椎茸を蒸して味付けをせず食し、素材そのものの美味しさを競います。

戻し汁も重要な審査対象となります。

20190718_8.JPG  20190718_9.JPG

20190718_10.JPG  20190718_11.JPG

これらの審査を経て、農林水産大臣賞、林野庁長官賞が決まりました。



続いて、東京で行われた表彰式の様子です。

会場には各県の受賞者の皆さんから出品された乾椎茸が展示されています。

さすが全国品評会とあって、どれも美しくハイレベルな良品ばかりでした。

20190718_12.JPG  20190718_13.JPG



表彰式では日本椎茸農業協同組合連合会の阿部会長の挨拶をはじめ来賓祝辞、審査報告、表彰式と続きました。

20190718_14.png  20190718_15.JPG

今春は、暖冬や極端な多雨・少雨など厳しい気象条件に見舞われましたが、出品物はどれも例年に引けを取らない素晴らしい出来栄えのものばかりでした。



大分県は、最高賞である農林水産大臣賞の5部門中3部門を受賞、林野庁長官賞では10名の方が受賞し、他県を圧倒する結果となりました。

20190718_16.jpg



それでは受賞された皆様をご紹介いたします。



農林水産大臣賞

【茶花冬菇の部】 河合 清 様

20190718_17.JPG

【冬菇の部】 岡田 重徳 様

20190718_18.JPG

【香信の部】 小野 晋作 様

20190718_19.JPG



林野庁長官賞

【茶花冬菇の部】 田嶋 義生 様

20190718_20.JPG

【冬菇の部】 三浦 孝光 様

20190718_21.JPG

【冬菇の部】 池辺 稲生 様

20190718_22.jpg

【冬菇の部】 岡田 三子 様

20190718_23.jpg

【香菇の部】 三浦 千秋 様

20190718_24.JPG

【香菇の部】 小野 祝保 様

20190718_25.JPG

【香菇の部】 阿部 悦男 様

20190718_26.png

【香信の部】 小野 佳子 様

20190718_19-2.JPG

【香信の部】 首藤 岩光 様

20190718_27.JPG

【香信の部】 小野 祝保 様

20190718_28.JPG



受賞された皆様に心よりお祝い申し上げます。

また、大分県が日本一の乾椎茸産地であるのは、県下4000戸の組合員の皆様一人ひとりのたゆまぬ努力と日々の研鑽の賜物であり、その高い技術力と熱意に敬意を表します。

一覧に戻る